お知らせ

企業のIT活用事例として、BBWorks Office 365 の導入事例が誠Biz.IDに掲載されました!

「仕事の”困った”を、今、解決――個人とチームのための仕事術」がコンセプトの誠Biz.ID
http://bizmakoto.jp/bizid/)に、企業のIT活用事例として、BBWorks Office 365 の導入事例が掲載されました。
今回インタビューされている株式会社アイティーブレーン(http://www.it-brn.com/)は、BBWorks Office 365 の販売、導入支援までを手がけているソフトバンク コマース&サービスのビジネスパートナーでもあります。


掲載記事はこちら

「XPとOffice 2003のサポート切れが契機に―アイティーブレーンが「Office」をクラウド化した理由」


XPやOffice 2003 のサポート切れで新しいOfficeの購入を検討していらっしゃるお客様や、どこからOffice365を購入しようかお悩みのお客様など、是非本記事をご一読下さい。

記事の内容を一部抜粋してご紹介します。

ハードやソフトを資産として購入する時代から、使いたい機能やリソースを“必要な時に必要なだけ”使う時代へ――。ITシステムのクラウド化は、近年企業ITに起こった変化の中でも特に大きなものだといえるだろう。

企業の規模や業態、必要な期間や用途に応じて、最もふさわしいクラウドサービスを選べる環境は、すでに整っているのである。

こうしたクラウド移行の波は、これまで購入するのが当たり前とされてきた、ワープロや表計算ソフトなどのオフィスソフトの分野にも押し寄せている。「Word」や「Excel」といったメジャーソフトウェアのパッケージを提供してきたマイクロソフトも、現在は「Office 365」と呼ばれるサービスでクラウド化に取り組んでおり、IT環境のクラウド移行を進める企業にとって有力な選択肢のひとつとなっている。

実際にOffice 365の導入に踏み切った中小企業は、どんな理由からオフィスソフトのクラウド化を進め、どんなメリットを感じているのだろうか。導入企業であるアイティーブレーンの担当者に話を聞いた。

■導入のきっかけは「Windows XP」「Office 2003」のサポート終了

東京 千代田区に本社を置くアイティーブレーンは、インフラ系のノウハウをベースに多数の大手SIerの技術支援を手がけているIT企業だ。同社がOffice 365の導入を検討する直接のきっかけとなったのは、いよいよ目前に迫ったWindows XP、Office 2003のサポート終了だったという。

WindowsやOfficeといったマイクロソフト製品には「Windows Update」と呼ばれる仕組みが用意され、サポート期間中は新たに発見された脆弱性に対するパッチや、マルウェアの削除ツールなどがインターネット経由で継続的に配信される。

続きはこちらから

http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1403/18/news098.html

本件についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

WEB問い合わせフォームはこちら

今後とも、BBWorks Office 365 を宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP