あなたのビジネススタイルをスマートに。
SmaBiz! はソフトバンクC&Sが運営する、ソフトウェアや
モバイル・クラウドソリューションの法人さま向けオンライン購入サイトです。

製品
メニュー

アルキラー

いつ、どこで、誰が検知したかをすぐに把握。スマートフォンを活用したアルコールチェックシステムです。

スマートフォンとアルコール検知機器を接続し、スマートフォンのカメラで自身を撮影しながらアルコールチェックを行います。
GPS情報も同時に取得するので、「いつ・どこで・誰が」アルコールチェックを行なったのかが、管理PCで一目瞭然です。業務の効率化を図ります。

メーカー名
株式会社パイ・アール
メーカーURL
https://www.reco-der.com/

価格

アプリ+検知機器

初期費用:18,000円(税抜)/デバイス
月額費用:設定なし
年額費用:10,000円(税抜)/デバイス ※
最低購入本数:1本
最短契約期間:1年

※ご購入から1年毎に必要です。

アラートメール機能オプション

初期費用:1,000円(税抜)/デバイス
月額費用:設定なし
年額費用:設定なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:設定なし

この機能はお申込いただいた携帯端末に一律で設定いたしますので個別設定はできません。

自動送信機能オプション

初期費用:1,000円(税抜)/デバイス
月額費用:設定なし
年額費用:設定なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:設定なし

この機能はお申込いただいた携帯端末に一律で設定いたしますので個別設定はできません。

◆アクセサリー

マウスピース:10個入り(S) 1,000円 / ヶ、10個入り(L) 2,500円 / ヶ、100個入り(Sのみ) 8,000円 / ヶ


 ※Sサイズ=3.5cm Lサイズ=11.5cm

接続ケーブル:700円 / 本

製品詳細

平成23年4月より「事業用自動車総合安全プラン2009」に基づき、事業用自動車を運転する乗務員にアルコール検知器の使用が義務付けられました。

スマートフォン用アルコールチェッカー「アルキラー」は、ドライバーがどこにいても検知結果を管理者へメール送信する新しいシステムで、ドライバーおよび管理者の負担を削減します。

 ・SDカード等の記憶媒体が不要で、管理者へSDカードを手渡す手間が省けます。
 ・アルコール検知結果を管理PCで一括管理できます。
 ・検知中のドライバーの様子を撮影、動画として送信するので健康状態も確認できます。
 ・GPS情報も同時に送信し、ドライバーがどこでチェックを行なったのか詳細を把握できます。
 ・管理者に送信された検知結果はExcel形式で書き出すことが可能です。

alkiller_img01.jpg

下記のような車両を持つ企業様におすすめのシステムです。

 ・各店舗や百貨店、コンビニなどの看板を持つ事業用自動車
 ・長距離運送を行う事業用自動車
 ・観光バス・旅行バスなど多数の目的地へ運送を行う事業用自動車

alkiller_img02.jpg

動作環境

◆アプリ対応OS
対応OS:iOS 4.3.3以上、Android 2.1以上。
アプリ対応機種の詳細は以下をご覧ください。
http://www.reco-der.com/html/pc/product/mobile/

◆ 管理ソフト対応OS
Windows XP SP3、Windows Vista SP2、Windows 7 SP1、Windows 8[デスクトップ]、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012 R2
(推奨環境:ハードディスク容量1TB以上、メモリ2GB以上、光回線)

導入事例

某運送会社様

「アルキラー」で遠距離ドライバーの検知結果をすぐ確認!

背景

某運送会社様は、遠距離の運送をメインに各地に拠点を持ち、全国への運送・物流をカバーされている運送会社様です。
一般運送業者として様々な種類の積荷を扱っており、「安全・確実」をモットーに掲げて業務を行なっています。そのおかげで、クライアントからの信頼も高く、同社ではこの信頼を失うことのないよう、特に「安全面」に力を入れてきました。

課題

同社では、2011年5月の「アルコールチェッカー義務化」に向けて、様々な企業から検知器に関する見積りや資料を取り寄せました。ただ、遠距離ドライバーはどうしても拠点から離れた場所で検知を行うことになり、アルコール検知の結果については、各ドライバーの自己申告制で行うしかなく、導入費用も数百万単位でした。

導入

遠距離ドライバー向けの機能を備えた「アルキラー」

検知結果とドライバーの写真がメールで拠点に送られてくることで、ドライバーの自己申告の手間がなくなりました。管理者側は、毎朝の忙しい時間に一人一人の報告を受ける必要もなく、PCの管理ソフトで一括管理が可能になり、業務効率が非常にアップしました。また、位置情報も一緒に送られてくるので、ドライバーがどこから出発するのかも一目で把握できます。

営業所間での情報共有も簡単に!

検知結果のメールは複数箇所に送ることも可能なので、わざわざ営業所間で報告書等のやり取りをしなくても、常に同じ情報を共有し、確認することができます。これにより、ドライバーの管理も楽になりました。また、営業所Aの管理者が不在でも、営業所Bに管理者が居ればそちらで確認することができるため、管理者の業務負担が削減できました。

効果

業務用アルコール検知器が非常に高価なものばかりな中、「アルキラー」には安価かつ求めていた機能があり、当初考えていたよりも導入コストの大きな削減ができました。また、スマートフォンを利用するため、元々ドライバーに持たせていた携帯電話を機種変更することで簡単に導入できました。毎朝の管理者の負担も減り、業務効率もアップしています。

今後

スマートフォンはまだまだ大きな可能性があります。より一層「安全」を管理、強化できるようなシステムがあれば、どんどん導入していきたいと考えています。

導入企業様のプロフィール

導入企業様名
某運送会社様
所在地
-
概要

荷物の運送・輸送

従業員数
約300名
導入時期
2011年2月