あなたのビジネススタイルをスマートに。
SmaBiz! はソフトバンクC&Sが運営する、ソフトウェアや
モバイル・クラウドソリューションの法人さま向けオンライン購入サイトです。

製品
メニュー

V-CUBE ミーティング

【Web会議サービス】7年連続市場シェアNo.1※の実績!「いつでも」・「どこでも」・「だれでも」使えます!

「V-CUBE ミーティング」はインターネット環境さえあれば、ソフトウェアのインストール不要で、すぐに始められる、クラウド型のWeb会議サービスです。

相手の顔を見て話ができるだけでなく、1つの資料を全員で共有したり、会議を録画して議事録としてご利用になれます。また、PCと同じように、iPhone、iPad、Android 端末などのスマートフォンやタブレット端末から、どこからでも、すぐにWeb会議に参加できます。もちろん、 資料共有や書き込みも可能です。

※株式会社シード・プランニング「2014 ビデオ会議/WEB会議/音声会議の最新市場動向」

メーカー名
株式会社ブイキューブ
メーカーURL
https://jp.vcube.com/

価格

クラウド基本プラン

初期費用:45,000円(税抜)/会議室
月額費用:44,900円(税抜)/会議室
年額費用:設定なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:別途お問い合わせ

サーバー導入型(ライセンス/イントラネット型)については別途ご相談ください。

製品詳細

Web会議の基本機能

「V-CUBE ミーティング」はインターネット環境があれば、離れた相手の顔を見て話ができるだけでなく、1つの資料を全員で共有し、よりリアルに近い会議を実現する、WEB会議サービスです。

vcube-meeting-img01.jpg12拠点表示+資料共有画面レイアウト

vcube-meeting-img02.jpg20拠点表示レイアウト

vcube-meeting-img03.jpg

資料やPC画面を参加者で共有

ホワイトボード機能

今やビジネスに欠かせないMicrosoftのWord、Excel、PowerPoint、PDFをそのままテレビ会議上に表示することができます。また、各種画像ファイル(gif・ jpgなど)にも対応しています。これらのデータはユーザインターフェースの「ホワイトボード」と呼ばれるエリアに画像化されて表示され、Microsft Officeを持っていない人でも閲覧することが可能です。アップした資料に対して線引きしたり、文字を書き込んだりすれば、伝えたいポイントをより明確に伝えることができます。

vcube-meeting-img04.jpgPC画面共有

vcube-meeting-img05.jpg

iOS、Android ®のスマートフォン・タブレットに対応

主な機能と特長

無償アプリ「V-CUBE モバイル」をダウンロードして、iPad等のタブレット端末やスマートフォンを利用して、Web会議に参加することができます。わかりやすいアイコンで、どなたでも直感的に操作していただけます。

vcube-meeting-img06.jpg

動作環境

詳細は株式会社ブイキューブのサイトをご覧ください。
http://www.nice2meet.us/ja/requirements/meeting.html

導入事例

某鉄道会社様

「V-CUBE ミーティング」で工事監督者が現場にバーチャル同行

背景

某鉄道会社様では、全国各地でほぼ毎日工事現場との施行確認、保安打ち合わせを行っていました。
1週間に一度は必ず現場との打ち合わせを実施し、FAX・メールでの報告書提出が義務づけられていました。
社内ルールにより、変更が生じた場合はその都度打ち合わせを実施する必要がありました。

課題

現場監督者の現場への移動時間が負担となっていました。
またFAX・メールでの報告のみでは、ニュアンスや現場の様子などの不明点を都度確認する必要がありました。

導入

工事管理者の現場間移動を削減し、大幅な業務効率化を実現

課題を解決すべく導入されたのが、Web会議システム国内シェアNo.1の「V-CUBE ミーティング」でした。
現地に監督者が行くことなく、遠隔コミュニケーションが取れるサービスです。
選定のポイントは簡単に使え、映像音声のやり取りはもちろん双方向で書き込みながらやり取りができることでした。
iPad特有の活用方法でその場で現場風景を写真をとって資料共有部分にアップし、マーキングしながら監督者は指示を出すことができました。アップした写真や資料などはすべて議事録として保存が可能になりました。

現場と本社をiPadで接続。映像や現地写真で状況確認

「V-CUBE ミーティング」を導入したことにより、現場の図面や現地写真を共有して遠隔地(本社)から的確な指示を出すことが可能で、対面と遜色なく打ち合わせが可能になりました。
また図面や写真の保管、再確認、利用が今まで以上に効率的に行えるようになりました。

効果

FAX・メールでの報告よりも、意思疎通の円滑化、工事管理者等の移動時間の削減、現場管理時間の増加による安全レベル向上につなげられています。
また、異常時における状況把握の短時間化に高い効果を発揮しています。

今後

他支店への展開を目指しています。

導入企業様のプロフィール

導入企業様名
某鉄道会社
所在地
-
概要

-

従業員数
-
導入時期
-