あなたのビジネススタイルをスマートに。
SmaBiz! はソフトバンクC&Sが運営する、ソフトウェアや
モバイル・クラウドソリューションの法人さま向けオンライン購入サイトです。

製品
メニュー

Ubiregi

カンタンで分かりやすい、だけどしっかりもののPOSレジを従来の1/4の価格で提供します。

ユビレジはiPadのユビレジアプリで、通常と同じレジ業務を行うだけで「なにが」「いつ」「だれに」売れたのかを自動的に記録できます。
メモを取ったり、ジャーナルから発掘する必要はありません。 データはすぐに株式会社ユビレジのサーバに送信され、Webから確認できます。

また、万が一インターネットに接続できない状況下でも、引き続きの入力が可能です。入力したデータはiPadに保存され、後で自動送信できます。構成は最小でiPadのみとすっきりとしています。もちろんキャッシュドロアーやレシートプリンターとも連動可能です。

メーカー名
株式会社ユビレジ
メーカーURL
https://ubiregi.com/ja/

価格

無料プラン

初期費用:なし
月額費用:設定なし
年額費用:設定なし
最低購入本数:なし
最短契約期間:なし

ユビレジの利用料金です。機器は別途購入が必要です。
売上データの表示は3日分の売上データのみとなります。
メールによるサポートを含みます。

プレミアムプラン

初期費用:なし
月額費用:5,000円(税抜)/アカウント
年額費用:55,000円(税抜)/アカウント
最低購入本数:1本
最短契約期間:1ヶ月

ユビレジの利用料金です。機器は別途購入が必要です。
売上データの登録された全データが表示されます。
メールによるサポートを含みます。

電話サポートオプション

初期費用:9,259円(税抜)/アカウント(初期講習)
月額費用:2,000円(税抜)/アカウント
年額費用:24,000円(税抜)/アカウント
最低購入本数:1本
最短契約期間:1ヶ月

電話によるサポート(10時-22時)、電話による初期講習を含みます。

製品詳細

iPadでPOSレジ

iPadのアプリでレジ業務を行います。今までたくさんあったボタンは必要な時に必要な数しか出てきません。iPadにする事で今までよりもずっと簡単にレジ業務が行えます。

ubiregi-img01.jpg驚きの低コスト

初期費用:0円(周辺機器除く)、 年額費用:55,556円(税別)

余分な工事なし

iPadがあれば、面倒な工事などは一切必要ありません。

ユビレジの魅力

ユビレジはレジ業界に大きな革命(イノベーション)を巻き起こしています。
このイノベーションは他のレジと比べて、ユビレジを使う人にたくさんのいいことをもたらしています。

ユビレジの活用例・1

・今までのPOSレジをユビレジにするだけで1ヶ月でビールなら400杯分、カットなら40人、洋服なら40着分の利益と同じだけの金額が節約できます。(当社調べ)

・常にアプリケーションのバージョンアップを行うため、何年経っても最新のレジをご利用いただけます。

ユビレジの活用例・2

・従来、営業後に行っていた集計、FAX、売上げ確認の電話はユビレジを使うことで無くなります。これらの業務にかかるコストはユビレジにすることで大幅に削減が可能です。ユビレジが自動的に集計し、集計された売上は即時にインターネットで表示されます。いつでも、どこでも、インターネットから売上を確認することができます。

・大きくて、格好の悪い、場所を取るレジスターの時代は終わりました。小さなお店でも、雰囲気のいいお店でも、省スペースでお洒落なユビレジなら、レジ周りがスッキリします。お客様に対するおもてなしを締めくくる場所は、すっきりと気持ちのよい場所になります。

・レジ本体がiPadのため、繊細な盛りつけやダイナミックな料理を動画で撮影して誰でも簡単にお客様に料理のおすすめができます。ユビレジを使うことでスタッフごとのサービスのばらつきが無くなります。他にも勤怠管理やワインリスト、他店の在庫管理などiPadは様々な用途でご利用いただけます。

ubiregi-img02.jpg

動作環境

iPad iOS7以降

導入事例

九州旅客鉄道株式会社 つばめカフェ様

iPad POSシステム「ユビレジ」の導入で売れ筋商品やピークタイムを把握、効率的な店舗運営に!

背景

2011年3月、九州旅客鉄道株式会社(JR九州)様は 新博多駅開業に合わせ、博多駅構内に「つばめカフェ」様をオープン。新幹線客室乗務員が接客を行なうことが特徴です。博多駅のみどりの窓口に隣接する場所にあり、駅でのちょっとした待ち時間に気軽に利用できるカフェ。 コーヒーなどドリンク類を中心に提供しており、一杯200円から販売しています。

課題

店舗デザインの際、「カウンター周りは物を置かずすっきりとした店内にする」という考えがあり、従来のレジスターはそれに反するものでした。しかし、一日に400人以上の来店が見込まれる中で、効率的に売上を集計し分析を行なう必要がありました。また、「駅ナカ」の店舗であるため、新規に回線を引くことは大幅なコスト増になってしまう懸念もありました。

導入

レジスターではなく「ユビレジ」だからできること

「ユビレジ」はiPadのみで完結するPOSレジです。そのため、同カフェのようにカウンターが狭く、従来のレジスターが置けない環境であっても、コンパクトでオシャレなiPadをPOSレジとして利用することができます。また、iPad 3Gを使用することにより、新規に回線を引くこと無く本部との通信が行えます。ユビレジはSaaSアプリケーションであるため店舗にサーバーを置くことも必要ありません。

リアルタイムに売上分析

「ユビレジ」は会計データが瞬時にサーバーに送信され、リアルタイムに売上分析を行なうことができます。そのため、距離的に離れた本部からもリアルタイムに店舗の売上状況を知ることができました。ピークタイムや売れ筋商品の把握が非常に容易に行えるため、同カフェの一日400人以上の来店にもしっかり対応することができます。

効果

「リアルタイムの売上分析が非常に便利」と本部の担当者様。ユビレジの導入により、売れ筋商品やピークタイムを把握し、効率的な販売促進戦略を練ることができています。また、お客様からもiPadを使ったレジシステムが面白いとソーシャルメディアで話題になる等、ユビレジが話題づくりや集客に繋がっています。

今後

オープン時から利用されている博多駅つばめカフェ様に続き、2012年に大分駅の改装と同時にオープンされた大分駅 えきのカフェ様(九州旅客鉄道株式会社様)でもiPad POSシステム「ユビレジ」を導入されています。

導入企業様のプロフィール

導入企業様名
九州旅客鉄道株式会社 つばめカフェ様
所在地
福岡県福岡市
概要

旅客鉄道事業、飲食店業等

従業員数
9,600名
導入時期
2011年3月
企業ホームページURL
http://www.jrkyushu.co.jp/index.jsp