あなたのビジネススタイルをスマートに。
SmaBiz! はソフトバンクC&Sが運営する、ソフトウェアや
モバイル・クラウドソリューションの法人さま向けオンライン購入サイトです。

製品
メニュー

Autodesk Fusion 360

構想を最速でプロダクトに

Fusion 360は、未来のものづくりのための全く新しいCAD/CAM/CAEソフトです。
世界初のクラウドベースの3D CADで、常に最新機能がアップデートされ、スピーディーな共同作業が可能。
これまで複数のソフトウェアが必要だった開発システムを一元化できる、デザイン、設計、製造、管理までの工程を全て統合したプラットフォームを提供します。

メーカー名
オートデスク株式会社
メーカーURL
https://licensecounter.jp/fusion360/

価格

Fusion 360 ベーシックサポート 3ヶ月

初期費用:なし
月額費用:<3ヶ月費用>13,300円(税抜)/ユーザー
年額費用:なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:3ヶ月

利用期間3ヶ月間のプランとなります。

Fusion 360 ベーシックサポート 1年

初期費用:なし
月額費用:なし
年額費用:34,200円(税抜)/ユーザー
最低購入本数:1本
最短契約期間:1年

利用期間1年間のプランとなります。

Fusion 360 Ultimate アドバンスサポート 3ヶ月

初期費用:なし
月額費用:<3ヶ月費用>63,6500円(税抜)/ユーザー
年額費用:なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:3ヶ月

利用期間3ヶ月間のプランとなります。

Fusion 360 Ultimate アドバンスサポート 1年

初期費用:なし
月額費用:なし
年額費用:169,100円(税抜)/ユーザー
最低購入本数:1本
最短契約期間:1年

利用期間1年間のプランとなります。

本製品は利用期間終了時に継続して利用する場合、都度購入が必要となる都度買い切り製品です。

製品詳細

デザインから製造までの全ての工程を、単一ソフト上で実現

コンセプトデザイン

T-Splineモデリングを使用し、粘土をこねるかのような直観的な操作で、自分のコンセプトを具現化できます。有機的な形状から、ボタンひとつでソリッド化も可能。これまでにないコンセプトデザインを実現します。

fusion360-image1-1.png

製品設計

T-Splineモデリング、ソリッドモデリング、サーフェスモデリング、アッセンブリ、図面作成機能を搭載。設計要件を満たす3Dデータを簡単に作成することができます。アニメーションによる挙動チェックも可能です。
モデリング履歴(フィーチャ)が残るパラメトリックモデリング機能と、履歴のないデータに対しての修正機能も備わっており、急な設計変更にも柔軟に対応できます。

fusion360-image1-2.png

ビジュアライゼーション

優れたレンダリング機能が標準搭載されているため、デザインのチェックからプロトタイプの可視化、営業ツールにも使用できます。
あらかじめ登録された500種類以上の材質を割り当てることで、簡単に高品質な画像を取得できるため、販促物やプレゼン資料にも活用できます。

fusion360-image1-3.png

シミュレーション

静的応力解析、モード周波数解析、熱解析、熱応力解析を備えています。簡単な定義とわかりやすい結果表示で、より良い形にするための設計変更をサポートします。
Ultimateでは、座屈解析、非線形静的応力、イベントシミュレーション(破断解析)や、シェイプ最適化も可能です。
アダプティブ有限要素法により、自動的に最適なメッシュが作成されるため、解析初心者の方でも安心して簡単に使用できます。

fusion360-image1-4.png

CAM

2軸、3軸、穴加工、3+2軸加工、旋盤加工のツールパスを作成できます。(Ultimateでは4軸、5軸も可能)
HSMテクノロジーによる切削負荷の少ない高速加工が特徴です。
さらに、加工材を基に切削領域を自動で認識するため無駄なツールパスを省き、加工時間の短縮を実現します。
また、工具やフォルダの干渉チェックがCAM上で行えるためドライランの時間を短縮可能できます。

fusion360-image1-5.png

効率的な共同作業が可能

データ管理/コラボレーション

クラウドを介してデータをやり取りすることで、同じプロジェクトに関わるチームメンバー内でデザインの同時編集や共有ができます。
セーブ毎のバージョン管理による過去のデータの読み込みにも対応しています。
また、作成した3Dモデルは、Fusion 360がインストールされていないパソコンでも閲覧可能なため、チームやクライアントとのデザイン確認をスムーズに行うことができます。
さらに、Fusion 360のアプリを利用してスマホやタブレットからも3Dモデルを閲覧することが可能です。

fusion360-image2-1.png

2種類の中から選べるFusion 360

Standard と Ultimate 機能比較

Fusion 360には、Standard、Ultimateの2つの種類があります。解析とCAMの機能差がございます。

サブスクリプションサービス(最新版更新、フォーラム、クラウドクレジットなど)、デザイン(スケッチ、ハイブリッドモデリング、アセンブリ)、ドキュメンテーション(2次元図面、アニメーション、レンダリング)、データ共有+コラボレーション(ライブデザインレビュー、データシェアなど)、アクセシビリティ(Mac & PC、ブラウザデータアクセス、モバイルでの閲覧)、シミュレーション(静解析、共振解析、熱、熱応力解析)、マニュファクチャリング(3Dプリント、旋盤、CAM:2.5軸、3軸)、アドバンスドシミュレーション(非線形静的応力、座屈、イベントシミュレーションなど)、アドバンスドマニュファクチャリング(CAM:4軸、5軸)の、StandardとUltimateの機能比較表

動作環境

OS:
 Apple Mac® OS® X Yosemite (10.10.5), OS® X El Capitan (10.11.x), OS® X Sierra (10.12.x)
 Microsoft® Windows® 7 SP1 または Microsoft® Windows® 8.1、Windows® 10
CPU:
 64 ビット プロセッサ(32 ビットはサポートされていません)
メモリ:
 3 GB の RAM (4 GB 以上を推奨)
インターネット環境:
 ADSL 以上のインターネット接続速度
ディスク容量:
 最大 3.5 GB
グラフィックス カード:
 GDDR RAM 512 MB 以上(Intel GMA X3100 カードを除く)
ポインティング デバイス:
 マイクロソフト社製マウスまたはその互換製品、Apple Mouse、Magic Mouse、MacBook Pro Trackpad

導入事例

導入

本製品の導入事例記事はございません。