あなたのビジネススタイルをスマートに。
SmaBiz! はソフトバンクC&Sが運営する、ソフトウェアや
モバイル・クラウドソリューションの法人さま向けオンライン購入サイトです。

製品
メニュー

LanScope Cloud Cat

3台からスタートできる簡単PC管理!「LanScope CloudCat」でコスト削減↓業務効率UP↑セキュリティUP↑

IT資産管理市場、8年連続トップシェアの「LanScope Cat」がクラウドサービスを展開!

「LanScope CloudCat」には、IT資産管理に必要な機能が揃っています。Webから簡単にアクセスでき、設備投資と運用工数の手間を省いたIT資産管理が実現できます。

メーカー名
エムオーテックス株式会社
メーカーURL
http://www.motex.co.jp/

価格

基本プラン

初期費用:なし
月額費用:500円(税抜)/デバイス
年額費用:設定なし
最低購入本数:別途お問い合わせ
最短契約期間:別途お問い合わせ

製品詳細

必要な機能がオールインワン!誰でも簡単にクライアントPC管理

特長1 サーバーレスだから初期費を抑えて導入可能

「LanScope CloudCat」は、導入時にサーバーが不要。インストールした直後から利用が可能です。

lanscope_cc-img01.jpg

特長2 たった3STEPで完了する簡単PC管理

管理者は必要な時だけ、クラウドキャットを確認すればOK。
問題から原因まで数回のクリックで把握でき、3STEPで手間なく社内のPCを管理できます。

STEP1 → クラウドキャットから自動で届く報告メールをチェック
STEP2 → 問題がある場合は、クラウドキャットのレポートから原因を確認
STEP3 → 問題のPCへワンクリックで注意メールを送付

lanscope_cc-img02.jpg

特長3 多彩なレポート機能

専任の担当者がいなくても、一目で資産の現状と問題点が把握できる多彩なレポートを搭載しています。

lanscope_cc-img03.jpg

機能1 IT資産管理

PCのハードウェア情報・ソフトウェア情報を自動で収集できるので、常に最新の情報の資産台帳作成が可能。
複数の拠点がある場合でも、工数をかけずに資産台帳作成ができます。

lanscope_cc-img04.jpg

機能2 セキュリティ

セキュリティパッチ適用状況管理、ウイルス対策ソフト管理、アプリケーション起動禁止ができます。
PCを常にセキュアな状態に保つことが可能です。

lanscope_cc-img05.jpg

機能3 業務改善

PCの一括管理で省電力や管理工数を削減。
またPCの電源ON/OFF情報を自動d記録、勤怠管理にも活用できます。

lanscope_cc-img06.jpg

動作環境

◆エージェント
OS:XP(SP3)、2003、Vista、2008、7、XP(SP3)(×64)、2003(×64)、Vista(×64)、2008(×64)、7(×64)、2008R2(×64)
※Home Editionには、対応していません。
CPU:PentiumⅡ相当以上
HDD空き容量:10MB以上
メモリ:64MB以上

◆管理者PC
OS:XP(SP3)、2003、Vista、2008、7、XP(SP3)(×64)、2003(×64)、Vista(×64)、 2008(×64)、7(×64)、2008R2(×64)
※Home Editionには、対応していません。
※管理者PCには、Silverlight5のインストールが必要です。
CPU:Pentium4 1.6 GHz 相当以上
HDD空き容量:10MB以上
メモリ:512 MB以上
画面解像度:1024×768以上
対応ブラウザ:IE6、IE7、IE8、Firefox3、Chrome4

導入事例

ヘラマンタイトン株式会社様

Windows 7移行に際し、IT資産管理ツールを入替え!資産管理の柔軟性とトータルコストの削減が決め手

背景

ヘラマンタイトン株式会社様では、6名のIT担当で全国5拠点および兵庫工場を管理し、ITによる業務効率の向上を役割としています。
社内のPCをWindows 7へ移行する際に、ネットワーク全般の見直しを実施しました。その中で、リスク対策・管理、コスト削減の観点からサーバーはできるだけ社内で管理を行わない指針を立てました。

課題

今まで使用していたIT資産管理ツールは管理サーバーを社内に設置する必要があり、サーバーのトラブル等で対応に時間がかかっていたため、IT資産管理ツールも見直しの対象となっていました。
機能面では、管理対象の機器情報を自動取得できず、PC移動の手続きに漏れがあるとPCがどこにあるか把握できない問題もありました。そこでサーバーを設置する必要のない、IT資産管理のクラウドサービスを検討しました。

導入

資産管理の柔軟性とトータルコストの削減が決め手

IT資産管理ツールで実現したいこととして3点ありました。そこで、3社の製品を比較検討しました。他社製品では、任意資産情報として管理する機器にもライセンス費用が発生しました。「LanScope CloudCat」では、任意資産情報にライセンス費用も発生せず、機能面でも今まで使用していたIT資産管理ツールでの運用を実現できると判断しました。最終的には、トータルコストで比較検討し、導入を決定しました。

クライアントPCやネットワーク負荷なく運用できる

クライアントへのインストールはマスタPCを作成してのキッティングと拠点を回って実際にインストールを行いました。1台あたり1~2分で簡単にインストールできました。クライアントPCでは、アンチウイルスソフトとバックアップソフトが稼働していたため、動作が遅くなるなど負荷を懸念していましたが、クライアントPCやネットワークに負荷をかけることなく運用できています。

効果

「LanScope CloudCat」の導入により、どのPCがどのような状態で接続しているか把握できました。
今後はオフラインPCを踏まえた資産台帳の作成やアラームの設定を行なっていきます。また、他社のクラウドサービスも利用していますが、「LanScope CloudCat」のコンソールは動作が早く、グラフィカルなインターフェイスなので直感的に利用できています。

今後

今後は、総務部門の経理データとIT部門で管理しているPCの情報を連携して管理することで、会社としてITをより活用できる環境を作っていければと考えています。

導入企業様のプロフィール

導入企業様名
ヘラマンタイトン株式会社
所在地
東京都渋谷区笹塚1-48-3 住友不動産笹塚太陽ビル6F
概要

電気、電子及び情報通信用配線部材の製造、販売、研究開発、輸出入等。

従業員数
223名
導入時期
2012年5月
企業ホームページURL
http://www.hellermanntyton.co.jp/