あなたのビジネススタイルをスマートに。
SmaBiz! はソフトバンクC&Sが運営する、ソフトウェアや
モバイル・クラウドソリューションの法人さま向けオンライン購入サイトです。

製品
メニュー

LanScope An

「紛失盗難対策+利用状況の見える化でデバイスの導入効果を最大化」

ネットワークセキュリティツール10年連続No.1のエムオーテックスから、待望のスマートデバイス管理ツールの登場です。

PCの資産管理やセキュリティ対策のノウハウをスマートフォンやタブレットPCに応用し、企業課題の解決に貢献します。資産管理、紛失・盗難時の情報漏えい対策から日常のセキュリティ管理、さらには利用状況を可視化することで業務効率、生産性UPまでこれ一つで解決できます。

クラウドサービスですので、コストも手間も少なく簡単に導入いただけます。またご購入前に最新の全機能をお試しいただける無料体験版もご利用いただけます。

メーカー名
エムオーテックス株式会社
メーカーURL
http://www.lanscope.jp/an/

価格

LanScope Anクライアント 月額プラン

初期費用:30,000円(税抜)
月額費用:300円(税抜)/デバイス
年額費用:設定なし
最低購入本数:5本
最短契約期間:6ヶ月

※地図サービスオプション使用料を含みます。
※本プランは自動更新製品です。

LanScope Anクライアント 月額プラン(24/365紛失サポート ロック/ワイプオプション付き)

初期費用:30,000円(税抜)
月額費用:450円(税抜)~/デバイス
年額費用:設定なし
最低購入本数:5本
最短契約期間:6ヶ月

※紛失サポートはクライアント月額使用料ライセンスと同数のご注文が必要です。
※地図サービスオプション使用料を含みます。
※本プランは自動更新製品です。

LanScope Anクライアント 年額プラン

初期費用:30,000円(税抜)
月額費用:設定なし
年額費用:3,600円(税抜)/デバイス
最低購入本数:5本
最短契約期間:1年

※地図サービスオプション使用料を含みます。
※本プランは自動更新製品です。

LanScope Anクライアント 年額プラン(24/365紛失サポート ロック/ワイプオプション付き)

初期費用:30,000円(税抜)
月額費用:設定なし
年額費用:5,400円(税抜)~/デバイス
最低購入本数:5本
最短契約期間:1年

※紛失サポートはクライアント年額使用料ライセンスと同数のご注文が必要です。
※地図サービスオプション使用料を含みます。
※本プランは自動更新製品です。

※管理アカウントはクライアントプランを5本契約時に5アカウント付与されます。クライアントプランを10本以上購入の場合は、5ライセンスごとに管理アカウントが1アカウント追加付与されます。
※都度更新製品もお取り扱いがございますので、詳しくはお問い合わせください。

製品詳細

驚くほど簡単で、驚くほど高性能なMDM「LanScope An」

10年連続No.1のノウハウ応用、安心の製品力と圧倒的な使いやすさ!

エムオーテックスは、ネットワークセキュリティツールで10年連続トップシェア(※)を獲得しております。長年培ったPC管理・セキュリティ管理のノウハウをスマートフォンやタブレットPCに応用し、新製品「LanScope An」をリリースしました。これまでのスマートデバイス管理ツールにはない機能を多数実装しています。

※富士キメラ総研が発行している「2014 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」に記載された内容を引用したものです。エムオーテックスによる自社集計は行っておらず、富士キメラ総研に引用の許可を得た上で発表しております。

Android/iOS/Windowsに対応、まとめて統合管理も可能!

「端末の資産管理をもっと簡単にできないかな。」そんなお悩みはありませんか。LanScope Anでは資産情報を自動で取得し一覧で表示できるので、「どの部門の誰が、どの端末を使っているのか」を簡単に、正確に把握管理することが可能です。管理対象端末は、Android/iOS/Windowsに対応していますので混在環境でも効率的にまとめて管理いただけます。

利用状況の見える化で、私的利用を抑止+投資対効果の把握にも貢献

「業務効率が上がると思って導入したが、その効果が全く見えていない・・・。」そんなお悩みはありませんか。その原因は、どのように使われているかその利用状況を把握できていないことです。
LanScope Anでは、端末の1日の平均活用時間だけでなく、アプリ利用、通話、Webサイトなど実際にどのように使われていたかアプリの活用状況から自動分析が可能です。導入目的に沿った使い方を促進でき、投資対効果の把握にも貢献します。

lanscope-an-img01.jpg

位置情報を活用し、業務効率の向上を実現+紛失対策もより強固に!

「スマホの紛失時にどこにあるか探そうとしたが・・・電源切れで場所がわからなかった。」そんなお悩みはありませんか。LanScope Anはスマートデバイスの位置情報を自動で取得し、移動履歴として表示が可能です。電源が切れる直前の位置情報を確認できるので、紛失端末発見の手がかりとして役立ちます。さらに、誰がどこにいるのか簡単にまとめて確認できるので、業務効率UPにもつながります。

lanscope-an-img02.jpg

83%が「使いやすい!」と回答した操作性に優れた管理コンソール

「管理画面がわかりづらく、導入したけど1度も使っていないな・・・」そんなお悩みはありませんか。LanScope Anは、スマートデバイスの専用知識がない方でも、IT機器に弱い方でも、どんな方でも同様にお使いいたけるように管理コンソール画面の「使いやすさ」を追求し、設計いたしました。「目的」と「対象」を選択するだけの簡単操作で管理が可能です。

lanscope-an-img03.jpg

動作環境

◆エージェント端末
OS: Android 2.3.3~
iOS 6.0〜
Windows 8.1

◆管理者PC
対応ブラウザ:Internet Explorer / Firefox / Chrome (Silverlight5のプラグインが動作するブラウザ)
※管理者PCには、Silverlight5のインストールが必要です。

導入事例

株式会社愛媛朝日テレビ様

「LanScope An」を使って、アプリの利用実態を可視化し、セキュリティリスクを未然に防ぐ体制作りに成功!

背景

株式会社愛媛朝日テレビ様は、現在、営業外勤者12名と内勤6名にスマートフォンを支給しています。営業外勤者の方はもちろんのこと、内勤者も出張や社外での打合せが多いので、社外からVPN接続し、グループウェアへの活用、メールチェック、そして一般的なWebサイトの閲覧による情報収集などにスマートフォンを利用しています。携帯電話を利用していた頃と比較しても利便性が大幅に向上し、業務の効率があがったと社内からの高い評価を得ています。

課題

スマートフォンの導入効果を感じる一方で、やはり情報漏えい対策は、課題として挙がっていました。PCからの情報漏えい対策には、「LanScope Cat」を導入し操作ログを取得しているだけに、スマートフォンにおいても同様の管理を行いたいという意向がありました。

導入

情報漏えい対策として「LanScope An」を導入

「LanScope An」に決めた理由は3点あります。1つがスマートフォンの操作ログの取得です。それは、PC管理を「LanScope Cat」で行う中で、機能を禁止して情報漏えいを防ぐのではなく、操作ログの取得による不正利用の抑止効果を実感したからです。また資産管理やログ取得など豊富な機能がありながら安価であること。そして、多くの企業で利用されているという安心感もあり、ずっと使い続けられる製品だと判断し導入を決めました。

アプリの利用実態を把握し、セキュリティリスクを抑制

導入目的であった情報漏えい対策を実践できています。『情報セキュリティ委員会』の指示のもと、「LanScope An」の導入を社内に告知しました。
「LanScope An」が監視カメラの働きをし“常に見られている”という意識を社員に与えることで、社員は常にルールを意識してスマートフォンを取り扱うなど、1人1人の情報管理に対するモラルを向上させることができました。

効果

「LanScope An」は、スマートフォンにインストールされているアプリを自動で収集してくれるので、わざわざ利用者に確認する必要がなく、とても便利です。アプリのインストール等が原因で、万が一、もし何か問題が発生した際もどの端末に、どのアプケーションがインストールされているのか、またいつにインストールしたのかを「LanScopeAn」は教えてくれるので、セキュリティ対策としても安心です。セキュリティリスクを抱えるアプリケーションを適切に管理ができると同時に、管理者の管理工数を削減してくれるので、安心して運用ができています。

今後

「PC管理は、Cat」、「メール管理は、Guard」、そして「スマートフォンの管理は、An」と言うようにLanScopeで一元的に情報漏えい対策とSAMを含めた資産管理を行いたいというのが今後、目指しているセキュリティ体制です。

導入企業様のプロフィール

導入企業様名
株式会社愛媛朝日テレビ
所在地
愛媛県松山市和泉北1丁目14番11号
概要

放送法によるテレビジョン方法その他基幹放送事業

従業員数
64名(連結:2011年3月末現在)
導入時期
2012年10月
企業ホームページURL
http://eat.jp/