あなたのビジネススタイルをスマートに。
SmaBiz! はソフトバンクC&Sが運営する、ソフトウェアや
モバイル・クラウドソリューションの法人さま向けオンライン購入サイトです。

製品
メニュー

sactto!リモートワイプ

「失くした!」と気がついたら即実行できる最低限のセキュリティ対策

専用ダイヤルに電話をかけて、音声ガイダンスに沿ってプッシュするだけで、サクッとリモートワイプ!

24時間365日、利用者自身が電話経由でスマートデバイスを工場出荷状態に戻すことができます。
万が一、スマートデバイスを紛失した場合も、システム管理者の手を煩わせることなく迅速にスマートデバイスのデータ消去と回線停止を実行できます。

メーカー名
エス・アンド・アイ株式会社
メーカーURL
http://sandi.jp/cloud/sactto/remotewipe

価格

クライアント基本料金

初期費用:なし
月額費用:300円(税抜)/デバイス
年額費用:設定なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:1ヶ月

管理者ライセンス基本料金

初期費用:なし
月額費用:300円(税抜)
年額費用:設定なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:1ヶ月

この価格はクライアント数が999デバイスまでの管理者ライセンス価格です。
999デバイス以上のお申し込みはお問い合わせください。

企業専用番号オプションサービス

初期費用:なし
月額費用:8,000円(税抜)
年額費用:設定なし
最低購入本数:1本
最短契約期間:1ヶ月

・企業ごとにセルフリモートワイプ専用番号を配布。
・電話経由でリモートワイプ実行時に、個人IDとパスワードの入力のみでデータの初期化・回線停止が可能。
・個人IDプッシュ時の音声ガイダンスの選択(携帯番号、内線番号、社員番号)が可能。

製品詳細

利用者自身は電話1本でリモートワイプ

専用ダイヤルから利用者自身がリモートワイプ実行

・24時間365日、システム管理者の手を煩わせることなく紛失した利用者自身でリモートワイプを実行可能
・電話経由でスマートフォンのデータ(アドレス帳やスケジュール、メール情報など)を初期化
・データ初期化と同時に、通話・通信ができないように回線停止も実行

sactto_remotewipe_img01.gif

電話1本で工場出荷状態に初期化

・音声ガイダンスに従って企業ID、個人ID、パスワードをプッシュするだけの簡単操作でリモートワイプ可能
・企業専用番号オプションサービスの利用で、電話経由でのセルフリモートワイプが個人IDとパスワードのプッシュのみの操作に簡素化

sactto_remotewipe_img02.gif

実行結果はメールとレポートで管理者に通知

・リモートワイプ・回線停止が実行されたことを任意のメンバー(システム管理者や上長など)にメールで通知
・Web管理画面からも、リモートワイプの実行状況をレポートで確認可能
・システム管理者や上長はメールの自動通知によりスマートフォンの紛失状況を把握可能
・通知されたメールは、正しくデータが消去されたことを証明するログとして利用可能

管理者はWeb管理画面でリモートワイプ実行

管理者は管理画面からリモートワイプ実行可能

・利用者から紛失の連絡を受けた場合、Web管理画面からでもリモートワイプの実行が可能
・インターネットへの接続環境さえあれば、Web管理画面上で、「任意の端末を選択・実行ボタンをクリック」の簡単操作で、いつでもどこでも初期化が可能

sactto_remotewipe_img03.jpg

Webブラウザ上の管理画面で端末情報・ユーザー情報を一元管理

・Web管理画面を通じて、管理対象端末情報および、ユーザー情報をまとめて管理
・ユーザー情報は、CSVファイルでの一括登録も可能!管理者の負担も軽減
・リモートワイプの実施状況や端末同期実施状況をレポート画面で把握可能

sactto_remotewipe_img04.jpg

動作環境

管理コンソール:Adobe Flash Playerがプラグイン設定されているWebブラウザ
対応端末:iPhone、iPad、Android搭載スマートデバイス

※本サービスの利用には、登録デバイスのメール機能「Microsoft Exchange」の設定が必要です。
※本サービスの利用には、データの取得を「プッシュ」または「フェッチ時間指定(短い時間を推奨)」に設定していただく必要があります。
※「フェッチ手動」設定の場合はご利用いただけません。
※一旦停止させた3G(電話)回線の解除は、直接キャリアを通じて再開の手続きをしてください。
※消去したデータのリカバリーサービスはありません。ご自身でバックアップと同期を行ってください。

導入事例

導入

本製品の導入事例記事はございません。